大阪・西宮・芦屋・夙川のプレミアム家事代行

芦屋・夙川プレミアム家事代行-AngelMaid(エンジェルメイド)
お申し込み・お問い合わせ 0120-464-668

営業時間  9:00~20:00 /  電話受付時間  9:00~19:00 (日・祝休み)

ブログ

家政婦と家事代行の違いは何?|4つの違いとメリットデメリットを比較

2018.05.30

年々普及が広がっている家事代行ですが、「昔ながらの家政婦とどう違うのかな」、「どちらを頼むのがおすすめ?」と疑問に思われている方は多いのではないでしょうか?

また、「今来ている家政婦さんが辞めてしまうから次はどうしようかな…新しい家政婦さんが見つからなかったら家事代行でも同じようにやってもらえるのかな」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

今回は家政婦と家事代行にはどのような違いがあるかを説明します。

 

家政婦と家事代行の3つの違い

まずは、家政婦と家事代行の3つの違いを紹介します。

「家事代行=家政婦が家事を代行する」という考え方もありますが、ここではわかりやすく比較するために「昔ながらの家政婦」と「家事代行(のスタッフ)」に分けて考えます

 

1.契約:家政婦は個人と契約・家事代行は会社と契約

家政婦と家事代行の1番の違いは依頼主が誰と契約するかです。

家政婦は、依頼主と家政婦本人が契約する個人契約ですが、家事代行の場合、訪問するスタッフ本人ではなく家事代行会社との契約になります。

この契約形態の違いでおさえておきたいポイントを3つ紹介します。

 

■トラブル対応

家政婦も家事代行も他人を家に上げることになるので、「物を壊されたらどうしよう」「何か盗まれたりしないかな…」と、トラブルを心配されている方は多いのではないでしょうか。

雇用契約に関係しますが、個人契約の家政婦の場合、いくら仲介所を通していてもトラブルが起きたときの対応は個人同士で行う必要があります。

その点、家事代行は会社を通しての契約になりますので、トラブルが起きた際も会社を仲介して解決することになります。

また、家事代行業者はトラブルに備えて損害保険に加入していることが多いのでその点でも安心といえるでしょう。

 

■スタッフの変更

「なんとなく性格が合わない」「家事のやり方に不満がある」などスタッフを変えたいと思われる場合もあるかと思います。

家政婦の場合、また新たに紹介所で条件の会う人を探す必要がありますが、家事代行の場合、その業者のほかのスタッフに交代してもらうことができるので、スムーズに次の人を探すことが出来ます。

 

■同じスタッフに頼めるかどうか

家政婦は同じ人が毎回訪問しますが、家事代行では毎回違うスタッフが訪問するケースもあります。

会社によっては専任スタッフに依頼できることもあるので確認すると良いかと思います。

 

2.給与形態:家政婦は日給制・家事代行は時給制

家政婦は日給制、家事代行サービスは時給制であることが多いという点も両者の違いです。

また、給与は家政婦の場合は本人に支払い、家事代行の場合は会社に支払います。

仲介会社で家政婦を探して雇う場合、初期費用として仲介会社に手数料を支払う必要があります。

料金相場は下記のようになっていることが多く、長時間依頼するのであれば家政婦の方が割安になります。

  • ・時給制の場合:1時間2,500円程度
  • ・日給制の場合:1日(実働8時間)13,000円程度
  • ・住み込みの場合:1日あたり(実働10時間)15,000円程度

それ以外にも、交通費や、鍵預かり代(家事代行)、食費(住み込み家政婦)がかかることがあります。

 

3.サービス内容:時間によって依頼できる家事が左右される

家事サービスの違い

家政婦と家事代行で、サービス内容に違いはあるのでしょうか。

結論から言うと依頼可能なサービスの範囲は同じで、時間に制約があるかないかという点に違いがあります。

 

■家事代行は比較的短時間で決められた家事を行う

家事代行ではあらかじめ決められた時間内に出来る範囲の家事を行います。

例えば次のようなケースが挙げられます。

・2時間の掃除を依頼:水まわりと寝室・リビングを掃除
・3時間の料理プラン:食材買出しと調理・配膳と調理後の片付け

このように時間に制約があるため、時間を越えると追加料金が発生するというリスクはあります。

さらに、家事代行サービスは「掃除プラン」なら掃除だけ「料理プラン」なら料理だけと決められている場合もありますので、どんな範囲で対応してもらえるか事前に確認しておくことが必要です。

■家政婦は日勤や住み込みで様々な家事を行う

家政婦の場合は、1日かけて、家中のあらゆる家事を任せることが出来ます。

例えば・・・

午前:洗濯・掃除・昼食の準備
午後:買い物・洗濯のとりこみ・洗濯たたみと収納・夕食の準備

など、様々な事をこなし、その日ごとに希望の家事があれば臨機応変に頼むことが出来、ベビーシッターやお年寄りのいる家庭での見守りや介護補助などを行う家政婦もいます。

1日中、何か家事を頼みたいという場合、いわゆる「昔ながらの家政婦」さんのイメージにあるように、住み込みで働いてもらうことも出来ます。

だだ、最近では家政婦でも家事代行のように2~3時間程度の短時間の依頼が可能な場合があります。

 

家政婦と家事代行どちらがおすすめ?メリット・デメリットで比較

 

1日家にいてほしい・全てを任せたいなら家政婦がおすすめ

家政婦

【家政婦のメリット】

  • ・1日中あらゆる家事を依頼できる
  • ・同じ人にずっと来てもらえて融通が利きやすい
  • ・頻繁に継続的に依頼するなら割安

【家政婦のデメリット】

  • ・トラブル対応が当人同士になる
  • ・辞めると次の人を見つけるのに手間がかかる

 

家政婦は、住み込みや日勤で、朝から晩まであらゆる家事を依頼したい場合におすすめです。

また、同じ人が継続してくるので信頼関係が成り立てば、時間や依頼内容の融通が利きやすくなり、満足度が上がっていきます。

ただ、頻繁に顔を合わせることになるので性格が合わないと継続は難しいですし、依頼範囲が広いと希望条件を満たす人がなかなかいないなど、人材の確保が難しいという側面もあります。

もうひとつ、物損などのトラブル発生時は当人同士で解決する必要があるので、契約時の取り決めや、事故の可能性・実際に起こったときの対応には注意しておかなければなりません。

 

頼みたい家事や予算が限られているなら家事代行がおすすめ

家事代行

【家事代行のメリット】

  • ・会社を通して契約するのでトラブル対応が安心
  • ・スタッフの変更がラク
  • ・短時間なら低コストで依頼可能

【家事代行のデメリット】

  • ・サービス範囲が決まっていると融通が利かない
  • ・同じスタッフに継続して来てもらえないことがある

 

決まった時間・予算で部分的な家事を依頼したいという方には家事代行がおすすめです。

時間単価は高くなりますが、短時間で終わる家事ですとかなりコストを抑えることができます。

ただ、サービスプランや依頼時間によっては出来る家事が限られており、「何から何まで」とは行かない場合もあります。

また、会社を通しての契約ですので、トラブルが起きたときの対応や、「スタッフと相性が悪いな」「頼んだ家事をちゃんとやってくれない」といった時のスタッフ交代にかかる負担も少なくなります。

 

依頼したい家事と予算をハッキリさせることが大切

家政婦と家事代行の違いはお分かりいただけたでしょうか?

どちらも「家事を仕事とするプロ」であることは間違いありませんが、まずは「どんな家事を、何時間頼みたいか」「予算はいくらか」を明確にしておくことが大切です

「家政婦さんは高そう」と思われていても毎日来てもらうなら家事代行より安いこともありますし、「家事代行は融通が利かなそう」と思っていても、頼みたいことが決まっていたら家政婦さんより低コストでしっかり仕事をしてもらえることもあります。

弊社エンジェルメイドでは「家政婦さんがやめてしまって困っている」というご家庭から、家事代行のご依頼をいただき、専任スタッフのきめ細かく臨機応変なサービス内容にお喜びいただいています。

■家政婦さん代わりの家事代行サービスご利用事例はこちら

⇒ 「週3回の家政婦サービス|掃除・料理・子どもの出迎え 神戸市岡本」

⇒ 「退職した家政婦さんの代わりに家事代行を利用 芦屋川在住の高齢のご夫婦」

 

↑
メニュー
お申し込み・お問い合わせ 0120-464-668

電話受付時間 9:00~19:00(定休日:日・祝)